リサイクルトナーとは

レーザープリンターやコピー機、Faxを使っている場合、トナーがなくなると印刷はできなくなってしまいます。
インクジェットプリンターのインクであると考えるとわかりやすいでしょう。
ですが、交換しようと購入を考えると、驚くほど高いことに腰が引けてしまうのです。


トナーがなんでこんなに高いのかといえば、プリンターメーカーが利益を出そうとしているからです。
当たり前のことではありますが、世界でここまで消耗品が高い国は日本しかありません。
その理由は、メーカーとして、本体は赤字でも安価で購入してもらい、使えば使うほど利益が上がるように消耗品を高額にしているのです。
利益構造の考え方が違うことから、このような事態を巻き起こしているといっていいでしょう。


そこで、登場してきているのがリサイクルトナーです。
あまりに高すぎる純正のトナーに比べて、非常に手の届く範囲に抑えられているのが特徴であるといえるでしょう。
これは、何も安くして販売競争をしているのではありません。
もともとの純正トナーが高すぎるだけで、リサイクルトナーが安すぎるわけではないのです。
名前の通り、リサイクル品ですので、安く上がるということはあります。
トナーとしての品質も、違う商品を充填していますので、異なるものになるのです。


プリンターメーカーは、リサイクル品を使うと故障のもとであると、品質の違いを指摘したりします。
ですが、本当にそうなのかは、仕組みを知れば知るほど見えてくるでしょう。

Copyright © 2014 リサイクルトナーの品質 All Rights Reserved.